サラリーマン副収入で年収2倍計画日経225システムトレード

日経225システムトレード

ここでは、「日経225システムトレード」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題して
つまみ食い10円抜きシステム
~そこで一端もみ合って少し押し戻されませんか?~

ブログランキング参加しています。応援クリックよろしく↓
==> 人気ブログランキングへ
==> にほんブログ村


勝率と利益率を考慮した10円抜きのシステムを検証してみます。

[つまみ食い10円抜きシステム]の続きを読む
スポンサーサイト
記事「日経225先物で10円抜きの考察 」ではロスカット10円で考察しました。
さらに仕掛ける方向について【順張り系】【逆張り系】と考察してみました。


ブログランキング参加しています。応援クリックよろしく↓
==> 人気ブログランキングへ
==> にほんブログ村


この記事では、ロスカット幅と勝率の関係をさらに考察してみます。

その前に…
1ティックと10円を同じということで
ミニでは無く、ラージで前提に考察していきます。


[日経225先物で10円抜きの考察 -ロスカット幅]の続きを読む
ブログランキング参加しています。応援クリックよろしく↓
==> 人気ブログランキングへ
==> にほんブログ村


記事「日経225先物で10円抜きの考察 」ではロスカット10円で考察しました。
実質10円のロスカットで勝率を上げられるかどうかをさらに考察してみます。

その前に…
1ティックと10円を同じということで
ミニでは無く、ラージで前提に考察していきます。

前回の【順張り系】に引き続き今回は【逆張り系】で考察します。

[日経225先物で10円抜きの考察 -逆張り系]の続きを読む
ブログランキング参加しています。応援クリックよろしく↓
==> 人気ブログランキングへ
==> にほんブログ村


記事「日経225先物で10円抜きの考察 」ではロスカット10円で考察しました。
実質10円のロスカットで勝率を上げられるかどうかをさらに考察してみます。

その前に…
1ティックと10円を同じということで
ミニでは無く、ラージで前提に考察していきます。

[日経225先物で10円抜きの考察 -順張り系]の続きを読む
寄り引けの前日逆バリを検証してみます


ランキング参加しています==>人気ブログランキングへ

「225先物10円抜きの考察」は、相場の大きなトレンドと
関係なくエントリーポイントの選択になるのですが、

今週の日経225先物の傾向をみていると、
前日陽線→翌日陰線
前日陰線→翌日陽線
となっています。

サラリーマンが副業にしないで、副収入を得るうえで、
エントリーとリカク・損切りははっきりしてないとまずいです。

1.前日陽線なら、寄りつき売り 大引け決済
2.前日陰線なら、寄りつき買い 大引け決済

を行った場合に、どのような成績になるかを検証してみます。

使用するデータは、無料で株価データがダウンロードできる
「株価データダウンロード」の1年分のみで考察します。

ここで、日経225先物1限月(夕場なし)を用いてCSVで保存し
そのファイルをEXCELで取り込みます。

日付が新しい順になっているので、列を選択して、古い順に
ソートし直し、検証します。

ソート後に
H4に当日の結果
=IF(E3>B3,-(E4-B4),IF(E3<B3,(E4-B4),0))

I5に累積の結果
=H5+I4

J5にドローダウン
=MAX(I$5:I5)-I5

これをざっと下までコピーすれば終わりっと


すると、
直近1年間で、+5000円
最大ドローダウン 900円
勝率 55.2%

と、あんがい優秀な結果がでてました。
累積の曲線をみてると…

225前日逆バリ
(青が資産曲線で赤がドローダウンになってます。)

最初の100日間で5000円を達成して、あとは横ばい><
悪くはないけど、まだまだ工夫が必要ですね。

注意しなければ、ダメなのがこのデータたったの1年分なんですよね。
直近の傾向といえばそれまでですが、過去20年で
この1年、もしくは100日間だけいい成績だったかもしれないです。

フィッティングとかチューニングとか必要になるのですが、その考え方でしめしてるのが
斉藤正章のスイング&デイトレ戦略 日経225先物システムトレードセミナー

になります。


株・225先物・225オプションの全データを収録しているのが
チャートギャラリープロ(Windows版)

四本足データもネットから自動で更新できます。


↓ランキング参加しています!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログへ


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。